天パちゃんの日常

天然パーマ(くせ毛)の対策と日常

私がくせ毛を好きになった時

こんにちは。アラサー天パ女子(?)のtenpachanです。

 

今日は私自身の話を少し。

今くせ毛に悩んでいる方に、家族やお友達にくせ毛の人がいる方に、

少しでも参考になればと思います。

 

私のくせ毛は、小学校に入るころから酷くなり、

くるくる、ではなくボサボサ、という感じの、乾燥とボリュームが出る波状毛でした。

当時は自分で原因や対策を調べるということにも頭が回らず、家で使っていた市販のシャンプーで、

どうすれば落ち着くか…トリートメントを多めに塗ってみたりとか、そんなことしかできない状況でした。

もちろん正しいケアができておらず、フケが気になったり…ひどい状態だったと思います。

しかも、当時それなりに仲の良かった同級生から、(彼女には悪気なく)くせ毛でからかわれ、

彼女は直毛だから羨ましいのと悲しいのと恥ずかしいのと…

くせ毛が好きになれる要素なんて、本当に無かったと思います。

 

いまだに当時の写真を見ても、あんまりかわいい感じではないので直視できない…笑

今から思えば、きちんと手入れさえできていれば、

適度に伸ばしてハーフアップにするとか、やり方はいろいろあったのになぁと思います。

 

高校生で縮毛矯正をはじめ、社会人になるまでずーっとやってました。

大学のころにはようやく自分でシャンプーを選べるようになり。

社会人2年目くらいで、お金がもったいなくて縮毛矯正をすっぱりやめました。

 

その後は、カットがうまい美容室を探しだし、カラーと組み合わせて

それなりにおしゃれっぽく、かつ手間がかからないショートにしてたのですが、

ある日中学校からの同級生に「今の髪型のほうが似合ってるよ」 と言われ、

その時に「あぁ、くせ毛でいいんだな」って、ストンと受け入れられた気がしました。

 

いくら自分でくせ毛を受け入れようとしても、やはり人目は気になると思います。

私は、近しい友人たった一人に言ってもらえたことで、

「くせ毛に向き合う」方向性を力強く後押ししてもらえたなぁと感じています。

 

くせ毛に悩んでいる方、もし当時の私のようにケアの方法が全くわからない…という状況だったら

このブログが少しでも参考になればと祈っています。

そしてくせ毛に悩んでいる友達や家族がいたら、ぜひ前向きな言葉をかけてあげてほしいなぁと思います。

あなたのくせ毛はかわいいよ、って。

 

さて、今日はその、くせ毛が似合うと言ってくれた友達とランチ。

ピンクのニットベレーをくせ毛に合わせて、出かけてきます!

 

今日も素敵な天パライフを!

 

 

tenpa.hateblo.jp

tenpa.hateblo.jp

tenpa.hateblo.jp

tenpa.hateblo.jp

tenpa.hateblo.jp

 

tenpa.hateblo.jp